対人対応力(3)心理構造分析

円滑なコミュニケーションを考える時、どのような点に注目したら良いでしょうか。

コミュニケーションは、相手があってこそ成り立つものです。

その相手をどのように捉えるかが、大切となってきます。

相手のとらえ方には、いくつもの方法が考案されています。

方法によっては、精密な評価・アセスメントが必要なものもあります。
ここでは、長時間のアセスメントなどを行わずに現場で実践しやすいものをご紹介していきます。

今回は、「心理構造分析」です。

これは、人の心を分析して構造的に捉え、構造の特性を円滑なコミュニケーションに活かそうとするものです。

この、人の心を構造的に分析する方法は、交流分析と呼ばれています。

心理構造分析では、人の心を5種類の要素として分析します。

それは、厳格さのCP、慈愛のNP、冷静さのA、従順さのAC、自由さのFC です。

この心理構造は、詳細にアセスメントを行うと、親や上司などからの影響も踏まえた分析ができます。
しかし、毎度毎度詳細なアセスメントを行うことは、あまり現実的ではありません。

そこで、概略的なアセスメントや言動パターンで類推できる方法もあります。

概略アセスメントと言動パターン分析を実践することで、職場での活用ができる対人対応の方法となります。

心理構造分析を活用したコミュニケーションの一例です。

例えば、上司である自分が厳格な言動が多いとします。ここに、自由奔放に振る舞う部下がいたらどうなるでしょうか。
この場合のコミュニケーションは、円滑では無く、対立などが起こるまずいコミュニケーションのパターンとなります。

心理構造分析を活用するコミュニケーションでは、このような場合でも円滑に指示や対話などが行うことができるようになります。

これが、人の心の構造や状態に対応した対人対応の方法となります。

対人対応力(2)4つの対人対応力

対人コミュニケーションの能力を、基本的な「見る・聴く・話す」に加えて、性格や感性も織り込んだ「対人対応力」として考えています。

対人対応力には、4つの分野があります。

1.心理構造分析

  心理構造を分析し、心理構造を考慮したコミュニケーション。

  心理構造には、厳格さや冷静さ、自由さなどがあります。
  個々人によって、さらに個々人の状況によって心理構造は変化もします。
  相手と自分の心理構造を随時分析し理解できると、円滑に対応することができます。
  

2.コミュニケーション感性

  情報を発して受け取る、コミュニケーションに関する感性を考慮したコミュニケーション。

  コミュニケーション感性には、視覚や聴覚、体感覚があります。
  そして、個々人によって得意な感性、不得手な感性があります。
  相手と自分のコミュニケーション感性の得手不得手を分析、理解して、
  円滑にコミュニケーションできるようにすると、相手との理解や共感、共有が進みます。

3.協力・自発成熟度分析

協力や自主性に関する成熟度合いを高めるコミュニケーション

 人は年齢を重ねると、個々人での程度の差はありますが、自分勝手で力任せな振る舞いが少なくなり、周りと協調するようになってきます。
 また、依存的な状態から自主独立するようにもなってきます。
 このような、一種の発達や成熟の状態にも対応して、相手との衝突をも考慮して成熟を促すコミュニケーションや考え方ができるようになれば、力を合わせ協調できる人材が育ちます。

4.言動分析

 言動から判明する性格に応じた円滑なコミュニケーション

 相手の日々の言葉や行動から、馬が合う、もしくは馬が合わないと感じることがあると思います。
馬が合う人、会わない人の言動を分析することで、相手の性格や自分の性格を分析できます。そして、言動からわかる性格を理解することで、円滑なコミュニケーションができるようになります。

対人対応力(1)対人対応力とは

G・Shiftでは、チーム力や自主性を高めるサポートを色々と担当させていただいております。

チーム力や組織力、そして個々の方の能力を高めるには、コミュニケーションに関して様々なアプローチがあります。

チームの力を引き出すファシリテーションもコミュニケーションのアプローチの一つとなります。
そして、個々人の個々の人に対するコミュニケーションもその一つです。

チーム力や組織力、または問題解決やビジョン共有、品質向上や営業センスといった分野においても、個々人のコミュニケーション能力は大切な基礎です。
基礎ができていないと、組織力を高めようとしても、問題解決を行おうとしても、お互いの意思疎通や理解、共有が進みません。

個々人のコミュニケーション能力は、「見る、聴く、話す」といった基本的なものだけではありません。

人は誰しも、苦手な相手、馬の合う相手がいます。
苦手にも厳格なものの言い方をする人が苦手であったり、自分と同じような性格の人が苦手ということもあります。
また、話を聞いてすぐわかる人、書いて憶えるのが得意な人もいます。
チーム力という点では、協力関係を築きやすい人や、いつも威圧的な人もいます。

実際の職場におけるコミュニケーションでは、このように一言で「性格」や「感性」とも表現できるところへの対応力も、個人のコミュニケーション能力として重要となります。

このような、個人として相手に対応するコミュニケーション能力を『対人対応力』と呼んでいます。

基本的なコミュニケーション能力に加えて、この「対人対応力」を高めると、単に話したり聴いたりするだけではなく、様々な性格や受け取り方をする人に対して、聴いて伝えて理解や共有共感を育むことができます。

発想と解決(05)否定を意識する

アイデア発想や解決、そもそも何のために行っているのでしょうか。

例えば、、、、

新商品の開発を指示された。
新市場を開拓しなければならない。
斬新な新企画を出したい。
困ったことが起きている。

例えば、こんな感じです。

新商品に新企画、「今までに無い」とはどのような事でしょうか。
こんな言い換えができます。
現状があります。そして、理想となる何かがあると仮定して、理想となる部分が「何だか判らない」状態です。

「困った」とはどのようなことでしょうか。
こんな言い換えができます。
現状があります。そして、現状では満足できていません。「何かが欠けている」状態です。

満たされている肯定状態でなく、否定の状態です。

肯定のいろいろな状態を思い起こすのが、発想であり解決の第一歩です。

そのきっかけの一つは、否定の状態を意識することです。

否定の状態を
  
  「不」をつけて表現してみてみましょう。

不の付く単語、どんなものがあるでしょうか。

不足
不満足
不平

まだまだあります。辞書などを使っても良いでしょう。

○○の市場で、不足している△△は何か?と自ら問いを立ててみて下さい。

発想や解決のきっかけになります。

発想(04)様々な角度

アイデア企画や問題解決を行う時、

 様々な角度から考えてみよう

と、上司や周りから言われることがあります。

そこで、あれやこれやと「様々」と思われる角度から発言が行われます。

ところが、、、、あまり「様々」ではなく、似たような考えに偏ったりはしていないでしょうか。

様々な角度から考えるためのちょっとした遊びのような練習法です。

それは、

身の回りのものを言い換えてみる

という方法です。

5分など時間を区切って、用途や名称などいろいろに言い換えてみましょう。

例えば、
A4の白紙は、、、

印刷用紙  です。当たり前ですね。
メモ紙   にもできます。
ナイフ   にもなってしまいます。指を切ると痛いです。
飛行機   になります。紙飛行機ですね。
コップ   として水が飲めます。うまく丸めて容器形状にすると
鶴     になりますね。折り紙で。
布団    もできそうです。
火薬    絵が描けます。芸術は爆発の種だと思えば。

こんな感じです。

試してみてはいかがでしょうか。

発想と解決(03)オズボーンのチェックリスト

アイデア発想法や解決法、様々な思考法などについてあれこれです。

前回は、ブレーンストーミングについてでした。

ブレーンストーミングを考案したのが、オズボーンです。

その著作「創造力を生かす」には、発想のための考えの切り替えポイントが掲載されています。

9個くらいのちょうど良いまとまりもあり

 オズボーンのチェックリスト / オズボーンの9チェックリスト

とも呼ばれる思考のポイントです。

その9つのポイントとは、次の通りです。

1.他に使い道は無いか [Other Use]

2.似たものはないか [Adapt]

3.変更したらどうか [Modify]

4.拡大したらどうか [Magnify]

5.縮小したらどうか [Minify]

6.代用したらどうか [Substitute]

7.交換したらどうか [Rearrangement]

8.逆転したらどうか [Reverse]

9.組み合わせたらどうか [Combine]

何かの考えを進めようとした時、使ってみてはいかがでしょうか。

成功が循環するマネジメント(02)関係

成功循環成功が循環する原理 「 成功循環モデル 」 は、組織や活動が成功
するためのマネジメントのモデルとも言えます。

その最初のステップは、「関係の質」の向上です。

「関係の質」と聞いてもどのようなものかすぐには連想できないかも

しれません。

それでは関係者との「関わり」

さらに平たく職場の同僚・先輩や後輩との「関わり」

 と聞いて何を思い浮かべますか。

がっちり本音で会話する、のは「関わり」ですね。

軽いところで、挨拶、も関わりです。

雑談、もそうでしょう。

出社時、帰社時のちょっとした声かけも関わりですね。

アサーションやコーチングに触れたことがある人であれば、率直さや感謝なども思い浮かべるかもしれません。

報連相も関わりと言えるでしょう。

関係者との「関わり」、意外と見つかります。

では、「関係の質」の向上、つまり「関わりの質」が向上するにはどうすれば良いでしょうか。

色々な「関わり」が見つかっていれば、答えも自ずと見えて来ます。

例えば、「挨拶」であれば、
 挨拶をする。
 誰にでも挨拶する。
 にこっと笑って挨拶する。
ようになれば「関わり」の質は良くなってきている、と言えます。

私たちが研修をする中でいつもお伝えしている、「笑顔」「目を見る」といったコミュニケーションの基本は、まさに「関わり」に関係しています。

レベルアップの順番は、質の向上と考えても良いでしょう。
ぜひ思い出してみて下さい

成功が循環するマネジメント(01)成功循環モデル

リーダー・管理者にとっては、会社や組織のマネジメントは、いつも頭を悩ませ成功循環ている課題ではないでしょうか。

マネジメントする資源や事柄・内容は、その人の置かれた立場によります。

しかし、マネジメントを成功させるための、「考え方」「やり方」の共通点はあります。

MITのダニエル・キム教授が提唱した、

「組織として成功し続ける活動の原理」があります。

成功循環モデル(組織の成功循環モデル)

です。(A CORE THEORY OF SUCCESS)

これは、活動を行う際に、「結果」を出すため、「結果の質」を高めるための方法論を示したものです。

「結果の質」を高めるためには、、、、、「対策」「行動」なのですが、手順としては次の様になります。

———————
《結果を高めよう》
 ↓
「関係の質」を高める。・・関係者との関わり
 ↓
「思考の質」を高める。・・関係者と考え方を共有、合理的に考える
 ↓
「行動の質」を高める。・・結果を高める合理的な行動を分担して行う
 ↓
「結果の質」が高まる。
 ↓
(新しいサイクルが始まる)
———————

この順番で取り組むのが良いと提唱しています。

発想と解決(02)ブレーンストーミング

発想法や解決法、様々な思考法などについてあれこれです。

自由に発想しようとすると

 ブレーンストーミング をしよう。ということで会議を行うことがあります。

オズボーンが編み出した、参加者の頭脳に嵐を引き起こして様々なアイデアを湧き出させる会議のことです。

ブレーンストーミングを行うには、いくつかのコツがあります。

人数としては、5~10人程度

経験者と未経験者は両方いた方が良い

そして、ブレーンストーミングをより効果的・創造的にするルール・約束事としては、、、

1.批判をしない
   アイデアへの判断、批判をしない

2.自由な発想
   思い切った提案をどんどんする

3.質より量
   どんどんアイデアが出ることで良いアイデアも出る

4.便乗する
   他人のアイデアに乗っかって改良したり、くっつけたりするのもOK(改良と結合)

5.イイネと言い合う
   自己激励と相互激励で、自分のちょっとしたアイデアも臆すること無く表明し、相手のアイデアを尊重する

ブレインストーミングの4原則とも言われています。
オズボーンは自己激励、相互激励も強調していたので、5原則でも良いようにも思います。

発想と解決(01)はじめに

アイデア日常生活やビジネス活動を行っていると、日々問題が発生します。

「あっ、問題が起こった」とか、上司から目標を提示された際に「自分にとっては問題だ」等々を日々感じて解決に取り組んでいると思います。

こんな時、発想する方法、問題を解決する方法を知っていると解決のスピードや質が変わってきます。

世の中に問題解決手法は数多くあります。

発想法、問題を解決する手法などを挙げてみましょう。

KJ法、SWOT、BSC、TOC、ブレインストーミング、PART、GROWモデル、システム思考、いろいろと出てきます。

それぞれ、よく使われる場面があります。

思考法自体を分類することの意味はそれほど大きくは無いかもしれませんが、大きく分けると「発散・収束・統合」といった区分けができるかもしれません。

1.発散的手法
2.収束的手法
3.統合的手法

3つの面を併せ持ったものもあります。

最近では、システムとして問題に取り組む方法や、ビジョンを示して問題解決を図る方法、一人ではなく多くの人で取り組む方法なども出てきています。

ここでは、様々な発想の方法や問題解決の方法などについて雑多に触れていきます。

BSCやGROWなどの手法については別の記事も良ければ参考にして下さい。