マナー研修

企業人・社会人としての儀礼を自分のものにする
社会人としてのかかわりは、学生や仲間内といったかかわり方とは違いがあります。
マナーとは相手と関わる常識的な順序や行動です。
自分の活動範囲が変わると、相手と接する方法も変わります。

この研修では、企業人・社会人として理解すべき「マナーの本質」と「マナーの型」を自分のものにする研修です。
概要
新入社員が企業人、社会人として活動してゆくには、新しい環境である会社や職場における人とのかかわり方や距離感を理解し、社会的なかかわり方を踏まえて自分の個性を活かしてゆくことが大切です。

この研修では、型としてのマナーにとどまらず、マナーは何の為にあるのか、そして状況や場合に合わせたマナーとは何かといった、マナーの実践的な考え方が活用できることを図る研修です。
特徴
・マナーの型や知識だけでなく、マナーに対する基本的な考え方が理解できます。

・一方的な講義形式ではなく、自分で体験し考え活用する、自発性を促す研修です。

・マナーの基礎となる様々な型が理解できます。

 (研修で修得・活用する手法や技術などについては、ページ下部「参考情報」もご覧下さい)
対象
新入社員、若手社員、インターンシップ生など
時間
2日 (1日 8時間 昼食・休憩含む)
定員
6~30名
プログラム概要
[1日目] マナーのコアを理解する
マナーとは何か

 演習 何のためにマナーがあるかを考える
    社会生活の中でマナーが果たしている役割と理由を理解し、共有する。

マナーの社会的な役割
 演習 良いマナー、悪いマナー
    見聞きしたマナーの中で、良いマナー悪いマナーを整理共有する。

マナーの影響と効果
 演習 状況に合わせたマナー
    企業や業種、職種、状況に合わせたマナーが必要であることを理解する。

 演習 マナーを考えた自分のかかわり
   どの様に自分が理解されたいのか、実際には他人にどのように理解されているか

[2日目] マナーの型
様々なマナー (見えるマナー、見えないマナー)

 演習 挨拶のマナー
     相手との距離、挨拶のしぐさ、意味

 演習 敬語のマナー
     様々な尊敬語、謙譲語、丁寧語

 演習 電話のマナー
     電話応答の基本

 演習 メールのマナー
     良い印象のメール、悪い印象のメール

 演習 ビジネスコミュニケーションのマナー
     話す・聴くポイント、報連相とは

 演習 見えるマナー
    身だしなみ、しぐさが与える影響

 演習 見えないマナー
    思いやり、心配りとは

 演習 マナーを業務と社会生活で活かすには
備考
プログラムの詳細やご要望などは、お問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

お名前(かな) (必須)

貴社名 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ概要
相談したい見積希望概要カリキュラム希望その他

--------------------------------
可能であれば以下もお答え下さい
--------------------------------

実施検討時期
3ヶ月以内半年以内未定・半年以降

想定参加人数
人程度

ご連絡先住所

ご連絡先お電話番号

研修予定会場

研修予定会場住所

お問い合わせの動機・理由

研修への期待

その他 ご要望・ご質問


参考情報(研修で習得・活用する技術・スキルなど)