コモングッド型リーダーシップ スキル研修[コーチング]

スタッフとコモングッドに向かう信頼感を育み、引き出し、未来を指し示し促す能力を身につける。
対面のコミュニケーション、オンラインのコミュニケーションにおいても、リーダーがスタッフと対話し問題点の把握や解決を促すことは重要です。コーチングはコミュニケーションを通してスタッフのよさを引き出し、目標達成へと導くことです。

オンラインの環境においては、特に相手に合わせたコミュニケーションも重要となります。

また、コモングッドを目的として活動する際は、スタッフの精神性や道徳性、さらには革新性や社会性にを喚起する促しや問いかけ、解決への方向性に留意することが重要となります。
概要
コモングッドを目指すリーダーシップを発揮する中で、指導や支援の場面において部下やスタッフなど相手の資質や能力を引き出し、目標達成にむけたコミュニケーションの方法を身につけます。
特徴
・内発的動機付けを高めるコーチングの基本を学べます。

・相手に問題の構造や原因、対策を考えさせる問題解決の基本手法「三角フレーム」を使ったコーチングが理解できます。

・コモングッドを目指す4領域のポイントを踏まえた引き出しが身につきます。

・実践を想定した問いかけと演習で現場ですぐに使える手法が身につきます。
対象
企業・組織内で社会性への対応やと業績向上の実践に取り組むリーダーや育成・企画・CSR担当の方など
  企業・組織内でリーダーとして倫理教育を主導する方など
(※ 個人の方、組織コンサルティングや人材育成・研修など同業他社の方のお問い合わせはご遠慮下さい)
開催形態
オンライン/集合研修(詳細は、お問い合わせ下さい)
  (オンライン研修の場合の必要環境:インターネット接続環境、PCを推奨(グループによるデータ共有操作ツールの利用が可能なこと)、マイク・カメラ利用)
時間
1日(8時間 休憩含む)
定員
20名(コーチング演習のため、偶数人数を推奨:詳細はご相談下さい)
プログラム概要
コーチングとは
  コーチングの基礎知識、観察・傾聴・質問、学びと成長
 演習 しっかりと相手の話を聴く

問題解決の構造
 問題解決の基本(三角フレーム)、現状理解への問いかけから問題探求、行動の促しまで
  演習 身近な問題を構造的問いかけで解決へと導く

問題原因を探求するポイント
 演習 問題の本質を探求する

コモングッドに向かうポイントを聞き取り・促す
 演習 問題や状況におけるコモングッドへのポイントの問いかけと促し
    (精神性・道徳性・革新性・社会性向上への問いかけ)

問題解決への行動と決意を促す
 演習 問題を解決する対策・行動を促す

自主性を高めるポイント

振り返り
備考

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    お名前(かな) (必須)

    貴社名 (必須)

    メールアドレス (必須)

    検討研修タイプ
    オンライン公開講座オンライン企業研修社内集合研修決めていない

    お問い合わせ概要
    相談したい見積希望概要カリキュラム希望その他

    --------------------------------
    可能であれば以下もお答え下さい
    --------------------------------

    実施検討時期
    3ヶ月以内半年以内未定・半年以降

    想定参加人数
    人程度

    ご連絡先住所

    ご連絡先お電話番号

    研修予定会場

    研修予定会場住所

    お問い合わせの動機・理由

    研修への期待

    その他 ご要望・ご質問


    参考情報(研修で習得・活用する技術・スキルなど)