会社方針

わたしたちは人が『自ら発すること』を大切にしています

私たち、G・Shift(株式会社グローバル・シフト・コミュニケーション)は、《自立と協力》「自ら考え、行動、協働」ができる人と組織をサポートするために、次のことを大切にしています。

1.学ぶチカラ、成長するチカラ

  わたしたちは、人が学んでいこうとするチカラ、成長しようとするチカラを信じています。

2.かかわりのチカラ

  わたしたちは、学びと成長は、人とのかかわり、コトとのかかわりから始まり、大きなチカラとなることを信じています。

3.経験のチカラ

  わたしたちは、個々人の経験や個性を尊重し、発見し、磨くことで学びが深まり高まると信じています。

4.感性のチカラ

  わたしたちは、一人一人の感性が気づきを深め、個性を発揮し、社会に影響を与えていると信じています。


私たちは、人が「自ら発すること」を大切にしています。

自らの思いを発意し、発想を重ね、発言・発信し、発憤して個性を発揮し、発展を重ね、多くの人と触発しあいながら創発する。
「発」という言葉には、自らの内にあるモノが外へと現れ、動いていくイメージがあります。

私たちはまた、自ら発することができるようになる人と組織のために、様々な間(人間、時間、空間)と手法を活用しています。


メッセージ

CEO


G・Shiftのホームページをご覧頂き、感謝いたします。

わたしたちは、一人でも多くの「自立し協力できる人」へのお役に立てるよう、皆様の職場や組織、チーム、そしてそこで働く皆様の能力や意欲、コミュニケーションの向上などに関わっております。

人、そしてチームや組織の能力などが向上し良い結果となるには、人や組織が潜在的に持っている「良さ」「強み」を信じて、それを見つけ出し、磨いて、1人+1人が2倍にも3倍にもなるような協力関係を生み出すようになることが大切だと考えています。

個々人もチームも組織も、もっと元気になることができると信じ、様々な支援の活動を研修やサポートなどを行っております。

そのために、わたしたちの研修・ワークショップ・コンサルティングでは、

 「 できる 」「 始める 」「 元気になる 」 ことに焦点を当てて、様々な能力やスキルの向上を行っています。

1.「できる」とは

 「できる」ようになるためには、知識だけでは足りません。
 体験を想起させ、体感で自分自身のものにすることが大切です。
 経験を積み重ねている成人に対する学習方法を踏まえて、知識+体感で「できる」ようになります。

2.「始める」とは

 「始める」には、できるようになるだけ、知っているだけでは足りません。
 できるようになったことを、実際に行うことが大切です。そして習いたての方、できるようになったばかりの人にとっては
 「始める」ことへの後押しを行うことが大切です。
 わたしたちは、皆さまの「始める」への後押しのために、皆さま固有の現場事例を積極的に研修内のテーマに活用しています。
 また、行動促進への計画や行動開始への後押しを、全ての研修で取り入れています。

3.「元気になる」とは

 「元気になる」ことは、活動を実際に行う際に大変重要になる要素です。
 スキルだけ身につけても、様々な状況や職場環境の状態によって落ち込んでいたりすると身につけたものは発揮できません。
 わたしたちは、皆さまが様々な局面においてスキルを向上させ、スキルを実践活用するために「元気になる」ことも重要と考えています。
 そして「元気になる」手法としては、研修によって「できる」ようになって成功体験を積み上げるだけではありません。
 グループワークなどの対話の手法を活用し、スキルを修得しつつ相互の理解や承認を積み重ねる研修構成となっています。
 さらに、自分や組織の良さや強みに焦点を当てるセルフエスティームを積極的に取り入れています。

「できる」「始める」「元気になる」私どもの研修にご参加された方からの反響として、
スキルが身についた、行動・活用し始めた」といった声に加えて「みんなが元気になった、職場が明るくなった」とのお声を数多く頂いております。


このように、一人一人が元気に活躍し、輝き続けていくことを目指し 「 元気な仕事1億人 」というビジョンを掲げています。

このようなビジョンが一歩一歩着実に実現できるよう、様々な能力・スキルの向上、場づくりを行って参ります。