看護専門誌で部下育成・モチベーション向上への手法掲載

00news
看護専門誌の最新号(2016/11 冬号)に、当社彦田友治、美香子が、看護職の部下育成や就業意識向上に関する記事を担当いたしました。

看護職の皆様、そして職場の職員や社員の育成や業務の質を高めたいと日々取り組まれている皆様のご参考となればうれしいです。

—————–

雑誌名 継続看護を担う「外来看護」 2016/11冬号

http://www.nissoken.com/jyohoshi/gi/index.html

(出版社 日総研出版)

担当記事

新人・パート職員の早期戦力化 教育体制・マニュアル

年上の部下への教育・指導と専門職としての就業意識の高め方

≪概要≫
 部下の教育と早期戦力化 
 年上の部下に対する教育と指導
 専門職としての就業意識の高め方
 管理者として何をなすべきか

  若手と経験者(年上の部下)教育・指導のステップ
  3つの指導方法
  対人対応力を伸ばす、活用する方法
  キャリアビジョンの作成方法
  管理者のチェックポイント

看護職などのスタッフの育成へに向けた管理者や組織としての対応方法やポイントについて掲載しています。

—————–

看護職の育成に関する研修につきましては、下記をご参考として下さい。

看護職向けファシリテーション研修ご紹介画面

看護職・福祉職向け研修一覧

—————–

看護職の育成について ≪こちらにまとめています

2016年11月10日

看護専門誌で北里大学病院様の組織活性化の記事掲載

看護専門誌、看護管理に(2016/9)に、弊社が5年に渡って協働力やコミュニケーション力向上などを担当している北里大学病院様の記事が掲載されております。

医学書院 看護管理 2016年9月号 特集

個々の強みを活かして,役割に応じた成果を達成する コンピテンシーを基盤にしたクリニカルラダーの開発 北里大学病院・東病院の取り組み

医療関係、看護の組織活性化についてご興味のある方、または個々の強みを活かして組織活性化までを図る具体事例として参考とされてはいかがでしょうか。

看護管理 2016年9月号(Vol26)目次へのリンク
http://medicalfinder.jp/toc/1686/2016/26/9

北里大学病院様におけるクリニカルラダーVer2の開発当初の2010年後半から長年に渡って、弊社では様々なスキルと実践へのサポートを担当させて頂いております。

例えば、次のような研修を行い、実践をされています。

ファシリテーション研修(様々なテーマで何回も開催)
  協働力や新人看護職員への育成手法、ワークショップ型研修の開催方法

アサーション研修
  多職種、ドクターなどに対しても、率直で伝わるコミュニケーション手法

キャリア面接スキル研修
  キャリア面接における基本的なコミュニケーション法や、面接技法

記事では、単なる研修開催ではなく、実践や長年の取り組みなどを重ねて、評価や育成基準となるクリニカルラダーの開発を軸に、組織の活性化へとつながるプロセスや、それを支える周辺環境などにも触れています。

弊社の北里大学病院様への長年の研修も、組織活性化へ多少なりともお役に立てているようです。

2016年8月7日

看護専門誌で育成・成長へのマネジメント手法掲載

看護専門誌の最新号に、当社彦田友治、美香子が、看護職の育成や組織力の向上に関する記事を担当いたしました。

看護職の皆様、そして職場の職員や社員の育成や業務の質を高めたいと日々取り組まれている皆様のご参考となればうれしいです。

—————–

雑誌名 継続看護を担う「外来看護」(2016年夏号)

http://www.nissoken.com/jyohoshi/gi/index.html

(出版社 日総研出版)

≪記事名≫

管理業務を効率化し良い結果が継続する 考動スキル

  結果の質を高め続けるマネジメント

≪概要≫結果の質へとつながるプロセス
    成功の循環への阻害要因と促進要因
    部下を成長させるマネジメント
    次の好循環へのポイント
    導入事例(地域の中核病院にて)

組織の成功循環モデルを活用した看護職の育成と成功が持続する組織マネジメントの方法について掲載しています。

地域の中核病院における5年間の活用事例についても触れています。

—————–

看護職の育成に関する研修につきましては、下記をご参考として下さい。
看護職向けファシリテーション研修》 《看護・福祉職向け研修一覧

2016年6月23日

新ホームページの公開

G・Shiftのホームページが新しくなりました。

新ホームページで、皆様の会社・職場の人とチームのスキルや能力向上のお役に一層役立つ事ができるよう、力を尽くして参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

2016年6月23日